<< 磯野の本音 | main | 上海 >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


中島らも

あの人が何かのエッセイの中で、病気ではじめるダイエットを主張していたなと思い出したのは急性腸炎で救急病院に運ばれた或る晩のことだった。私は以前にもフィリッピンでウニにあたった経験があるけれども今回の腸炎はそれに輪をかけて重症で、瞬間風速はインフルエンザを遥かに上回った。発熱は三十九度を超え、目眩と悪寒と波濤の如く押し寄せる吐気下痢糞に秘孔破裂前の雑魚みたいなカクついたムーブメントを繰り返した。嘔吐せんと力めば糞が噴射される重大な誤作動の連続、臓器一切が弁の機能を完全に放棄したあの時の私は、もはや竹輪に等しかった。


生存にかかわるのではないかとも思えた辛い一夜を過ごすと、翌朝には熱がいくらか引いており、吐気のほうはすっかりなくなった。下痢は今もって続いているけれどもオムツさえ履けば出社も派手な動きも可能である。今回の病気で私は三キロ痩せたけれども依然として体重は六十五を数える。六月までに五十八へ落としたいのが乙女心で、腸の活動が鈍っている今こそが食事量を減らす好機だろうと、中島らもの軽口を真に受けた次第である。


他方、私は最近エレキギターを練習している。ギブソンレスポールという大正義を入手したことを端緒に、ツェッペリンとXだけをずっと弾き続けている。なかなか運指が上手くならないが、iPadをアンプに仕立て、youtubeで演奏を流しながら練習が出来てしまうその容易さは隔世で、キンキキッズの宣伝していた光るMDコンポに自作ディープパープルベストを流しながら接触の悪いフェルナンデスのアンプをぺちぺち叩いていたあの頃の仰々しさがたまらなく懐かしいけれども、戻りたいこともない。そういえばあのコンポはえらく頑丈で、高円寺の飲み屋に寄付するまで使っていた。東京に住んでいたこともすっかり忘れてしまいそうな昨今である。


練習のいきおい、様々の動画を眺めるうちヴァンヘイレンのカバーするロックンロールのライブ映像を開き、圧巻のダサさに大感動したというのが、なんといっても直近の良い話であろう。











スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 22:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM