<< 管蠡秘言 | main | 春の雪 >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


やっと焼きですもん

 豪勢な料理に誘われたところ、人数が多すぎた。一般人を指して「ははあ、さては民間ですか」と高慢たれそうな方々がずらりと揃っていて、つんと漂う上流の空気に息が詰まる。俄然、周囲に敵意が兆した。


「ねえ、ねえ」


 振り向くとそこには静岡でいちばん美しい中学時代の初恋女性がいて、招待されたらしい。好物のワインを他人のぶんまで飲んでいた。彼女は良い人。ところで、静岡の狭さを推し量るにあたって、彼女はひとつの指標となっている。知り合った人間としばらく話をしていると、「えっ、●●と同級生なの?」こうやって、どうしてか繋がってしまう。人脈はクモの巣状に張り巡らされていて、それはだいたいお洒落らしい人間に集中しているのだが、何にせよ一人の人間がこれだけ認知されているというのは善し悪しを別としても静岡の匿名性のなさを示している。


 人口の少ない地方では一人あたりの役割が実に重くなりやすい。それは私に、社会人であり音楽好きであり博識であり手先が器用であり絵心がありライターであり大卒であり二十代であり美術好きでありギター弾きであり受け身であり能動的であり変人であり真面目であり……と、場面に応じて都度、過剰な多面性を要求してくる。そんなんじゃねえ。都会にいれば各分野でよほど私よりも凄い人が焼き鳥屋にも転がっているところが、静岡では、なかなか人がいないのでしょう。居心地の悪さはここにある。そういう評価が、恥ずかしくも哀れ過ぎて。


 たまに何かを懸命に語ろうとすれば、枕も終えないうちに「おめえ、マニアックだな」糞のような反応に虚しく消費される。それで一体、こちらの何を汲んでいるのだろう。つるつるとね、上辺を滑って前に進まないアイスクライマーめいた会話は職場が限界、身銭を切る場面ならばデリヘル嬢相手にだってしたくない。けれども、そんな日々ばかりが過ぎてゆくと、知らず色々が矯正されて、静岡的に面白い程度の鋳型に収まってしまう。恐ろしいですね、学校世界への退化だ。しかしそういう恐ろしさの片鱗をさっきの晩餐で味わった。ばばあに感心される程度の知識披露、初対面のおっさんを笑かす程度の、冗談。あの人たちにとってあれが私であり、あれを私と認識するあれらの人たちは、他の人に対してあれはああいう人だからと喧伝する。そこで私はああいう人という役柄を演じ切ることで、ああいう人としての質量を少しずつ増やしてゆく。


 都会の一票は田舎のそれと比べて軽いと云う人があるが、都会と田舎は世界が根本的に異なるので、都合の良い時ばかり田舎を羨ましがってはいけない。田舎における一票の重みの内実とは、未来を見つめれば墓守、見上げれば思春期時分にも眺めた退屈な空、逃げられない、変わらない、鉛のように鈍重な思考は灰色に、そうして軋む心、閉塞感。本当に重いのである。私は、仲間のほか不可視の都内へ戻りたくて悶絶している。へんに求められない都内の心安さが恋しい。自分の変わりは見るからに沢山いた。楽しい人生を求めて何が悪いのか、素朴な疑問を解決するに足る何物もここにはない。何よりあちらでやり残したことがまだある。だが出られない。


「いよいよ出られないというならば、俺にも相当な考えがあるんだ」


 ない。山椒魚というより心情は蛙に近く、作品と異なるのは死ぬ間際に臭い呪詛を吐きそうな点。痔が酷くなってきた。静岡の水道水にはしっかり殺菌するだけのカルキが足りない。肛門すら都内を欲している。


スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 22:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
都会ですか。
一応ながら東京生まれ東京育ちの自分でも何だか都会って遠いような。どこにあるのやらって感じがしますけどね。
まぁ田舎に帰ると都会っていいな、と思わなくもないですが、日々生活してると分からなくなってしまいます。
それでも秋田のどんより曇った景色の中で一週間生活すると「することないし、いっちょ自殺でもしようかな」って気持ちになります。

そういう意味では都会なのかな、東京。
何はともあれ、お体をお大事に。
  • 染吉
  • 2011/02/24 1:17 PM
染吉様

おっしゃる通り、することがないというのは結構な問題です。釣りとかってのはあれ、日常からの解放感あればこそって部分ありますが四六時中海山川に囲まれていたらそういう感興もわきません。あとは物がないですね、これは都内にいたら分からないことですが買い物にしても選択肢が少ないのはかなりのストレスです。物色の楽しみがないからアマゾン多様に陥りこれまた外へ出ない。

そうして何より多様性がないですね、人口密度の薄さゆえ人種によっての棲み分けがないからどこを探しても居心地良い場所が少ない。こう、多才無才問わず変人窟がないんですよ。何せ面白いことを好きな人が少ないですね、そういう志向の人は都会へ出るから。となれば求める出会いも期待できないから家から出ない。刺激あらずば外へは出ませんから、こんな死んだ土地でみんなは何をしているんだろうかと訝しがりながら部屋で泣きながらトマト齧ってます。ニコニコ観ながら。

どうすれば面白くなるのか、この地域に盟友が見当たらないのが大きいですね。みんな大人になっちまった



  • 本人
  • 2011/02/25 11:54 PM
アマゾン多様→多用ですね

ブログ画面開いて訂正するのも難儀です
  • 本人
  • 2011/02/25 11:57 PM
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM