<< 場末のバービー  | main | コロッケものまね百連発 >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


与謝野さん!

 これは父親のものだと思うが、私の本棚に『民主党が日本経済を破壊する』という一冊の退屈な本があって、分厚いベルばらに押し潰されてぐしゃぐしゃになっている。与謝野氏の著作だが、病床に伏せながらテレビを見ていると、なんと入閣だという。

 
 無念なるかな燃ゆる血の 価少なき世の末や (人を恋うる歌)


 鉄幹が嘆き、


 この世ひとりの君ならで ああまた誰をたのむべき (君死にたまふことなかれ)


 昌子が哭く。人生佳境、それでも血潮にたぎる我々こそが青春だ云々と、結党時にはずいぶん調子良く大衆に高説宣っていたと記憶するが、ドズルがビグザムに乗ってそのまま連邦へ寝返る程の裏切りを見た。


 その後はじめてニコ生を体験してみた。JKタグであさるうち、せんべいを食いながらきわめてどうでもいい話をだらだらと流す女子高生の主の放送にあたって、十分ほど付き合った。終わる頃には百人ちょっと集まっていたようで、やれかわいいだのやれモテるでしょだのとやたら褒める男もちらほら、とはいえ主は顔を出していないのであって、服装から想像力たくましく美顔を連想している。目を覆いたくなるほどの不毛がそこにはあった。が、アマチュアの才能がひしめいているとも聞くし、発掘すれば面白い人は多そうだ。金脈を当てるところからがニコ生の面白味なのだろう。


 画太郎先生がドストエフスキーの罪と罰を描く。今年一つ目の楽しみ。
 
 

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 23:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM