<< おそ松の……チョロ松の…… | main | 鉄骨ラーメン構造 >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


静岡県立森林学園高校

 日本の山々を眺めてみますと、実にモコモコとブロッコリー状に好きなだけ繁茂した樹木が遠目に可愛らしいのですが、あんな畸形じみた森林は早晩にも憎しみの炎に燃やされ尽くさねばならぬ。


 戦後、我が国の森林並びに林業に対する施策は、針葉樹をとにかく植える、これに終止してきた。ところが本当に森林を育てるためには適切な管理とそれに携わる人々の貧しくならないビジョンつまり商売として成立するシステムの構築こそが必要だったわけで、そういうものを放棄した結果、聡明な人から次々に離れて林業は無能無才の行き着く経済墓場のような趣をそなえるに至った。実際、北海道の山の安さといったら駄菓子並である。


 躾の足らない人間が心を曲げるように、樹木も管理をしないではそれぞれ勝手にいびつに伸びる。グニャグニャの珍木は柱になるわけでもなし、ゴミですから、商品になりそうもないゴミを機材で伐採するなんて考えてもコストの無駄、当然放置する。こうして人手不足に放っておかれた日本の森林には斯様の如き役立たぬ樹木ばかりが大発生している。渋谷のスクランブル交差点を覆うギャルギャル男の群れよりも、日本に密生する樹木どものほうがよほどラリパッパなのであって、もちろんそれは経済本意であれらを捉えた上での見解だが、樹木たちには今一度視覚的な意味で背筋を伸ばしてもらわなければ製品価値が上がらないから困るよというのが、これまでの材木を転がす人間たちの本音であった。


 ところが、『公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律』このようなマニアックな法令が施行される(た?)。ラリパッパ森林をそろそろ片付けねばならぬという国家戦略に基づいていて、目指せ木材自給率50%を合い言葉に、ゴミみたいな木材をたくさん消費しようとお上がやっきになっているのである。これまでゴミとしていたものに国がわざわざ価値を付与しようというのだから材木を転がす人間にとっては大いに結構な話である。文字にするのも忌わしい『エコロジー』の観念から持続可能な森林運営という思想潮流が特に海外に勃興し、日本は四半世紀遅れでこれにあやかろうとしている。今後、畜産業界の地産地消と近似した発想で一定のキャンペーンをメディア経由で張るのではなかろうか。


 私としてもこの転換は今しかないと思う。日本の山を席巻する杉の木は、その多くがゴミながらも成長し、まさに利用期に達している。あれらは擬人化すれば14歳処女でもありまた、花粉という名の精子をふんだんに飛ばす筋骨隆々の青年男子でもある。放っておいても老いるばかりでろくなことがないので、花粉症の身としては是非これを気運として日本中から杉の木を殲滅してほしい。貯水、地盤、将来への投資、はたまた景観、あらゆる要素を鑑みても山に必要なのは針葉樹ではなく広葉樹である。現状日本の山は海外のそれとは違っていかほどの銭をも産まぬ実に単なる景観に堕しており、見た目ばかりを自然と賞する世論の五月蝿さからどうせ更地にする気もないのだし学問として森林学をおさめた聡明な人間たちによる計画的な森林運営を是非とも推進してほしい。大した金を捻出することもない事業には違いないが、やらないよりは良い。


(この話はデフォルメしてあります)
 

 

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 18:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

お姉たまに騎 乗 位でヌポヌポやられちゃった!!
リードしてくれたから、童 帝のオレでも緊張しなかったぜ!!笑
てか初エッチ+5万もらえるとか、まじサイコーっすよ!!ヽ(*゚∀゚*)ノ
http://01tuqm4.carl.specover.com/
内容に誤りはありますが、素晴らしい風刺でした。林業の現場の声は世間に届きません。あなたのような鋭い文章を書ける人がこの世界にいたらと思ってしまいました。まだ若いんでしょう、ぜひ林業界へ来て下さい!
  • 森林太郎
  • 2010/06/21 6:29 PM
鴎外様

その名を口にするも畏い大文豪からまさかこのような言葉を頂けるとは……、ありがとうございました。


ところで僕はよく知らないのですが、過剰ともいえる国内の杉は合板材に利用できないものでしょうか?あるいは既にあるのでしょうか?ラワンを内材しかも針葉樹で代用できたらきっと自給率は劇的に高まると思うのですが猿知恵ですよねきっと。OSBをポーランドやカナダから輸入するのも経済ではないなあと思います。ご指摘の通り不勉強ではございますが、私も一応木材と無縁ではないために稚拙ながら斯様の思いを抱く次第であります。林業にとどまらず住宅に出版に百貨店にと地獄は各所に点在しておりますから、絶望せず現代地獄巡りの先導者としてヴェルギリオしてください。コメントありがとうございました。
  • 本人
  • 2010/06/22 12:56 AM
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM