<< 三島由紀夫最後の言葉 | main | 一縷ののぞみちゃん >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


弱いなあ

遠藤と中村が機能しないのはここ数試合お馴染みとして、サイドのスペースに走り込む選手のいない布陣で真中に置かれた本田にしても効果的なパスの選択肢を持たぬため自ら撃つほかなく、プレーの幅も狭ければクラブのような判断の早さも見られなかった。中盤は総じて機能することなく死んでいたが、大久保には見るべき場面いくつもあって、おい永源、ラッシャー木村の魂が今日の彼には憑依した。


とはいえこのチームで何よりまずいのはディフェンスで、トゥーリオがいなくなるやロングフィードが皆無になる最終ラインからのビルドアップはすぐにでも改善したほうがいい。肝心の守備も、フライブルク所属の元ウインガー現サイドバックに日本人が軒並み吹き飛ばされる光景に、多くの視聴者がエトーやベントナーの悪夢を想起したはずで、間違いなく本番でぶっこ抜かれる。フライブルクといえばハイデッガーが教鞭とっていたのがフライブルク大学だったように記憶するが、韓国のほうは堅守速攻と哲学がはっきりしていて、少ない人数で綺麗に日本を崩す明晰さは敵ながら見るに美しく、私は松井本田森本中村憲に片方のサイドバックでも絡めばあのような形は日本にも絶対に出来ると考えるから、本田と心中する気があるのならカウンターを仕掛けられる選手を配置して欲しい。いかに長友が素晴らしいサイドバックとはいえ中村俊輔のお粗末な守備と、独力突破という選択肢を持たぬ攻撃の全てをケアするではマイコンならいざ知らず役割が重すぎる。


得点差はそのまま力の差、韓国は決定的な機会をそう沢山得たわけでもないが一つ一つのプレー精度に勝っていたし、身体も強く、何より選手間の連携が良かった。パクチソンを除けば個人能力に私はそこまで差があるとも思わないがチームの完成度は漫画と実物の柔ちゃんほどにかけ離れていて、決まりごとの明確な韓国選手はそれだけに余裕がある、状況判断にも優れているからあの場面でループシュートが撃てる。現状の日本であれが出来るのは小野くらいしか浮かばない、けれども小野は代表選考をかすってもいないから個人の閃きに頼るサッカーも実現能わず、このまま部活サッカーみたいなものを続けるとしたら本番は見るも無惨な大虐殺となろう。


相手に簡単に無力化される戦術なら今から棄てても遅くはない、オメガにはまほうけんのサンダガ、ゾーマにはやくそう、短期間の詰め込みにこれらのような絶大な効果を求めてはいけない、強者ほど穴を持たない、とはいえ放っておいたらサウジアラビアより尚酷い惨劇すらあるかもわからない。名将岡田監督の、意固地からの解脱を期待したい。岡田監督は、もし早々に敗退したら横浜にて開催されるダライラマ14世講演会に足を運び心の疲労を癒すべきだ、昼飯には簡素な寿司折も出るという。

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 02:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
韓国が強いのではなく(良いチームですが)、日本が弱いのです。既に興味はヨハネスブルグでのお調子者日本人の悲劇談にあります。冗談にならないくらいデンジャラスと聞いています。男でもレイプされるとか。すばらしい。いや、当然日本も応援しますよ。弱くても。弱いってゆーか下手くそなんですが。
  • morimori
  • 2010/05/26 5:28 PM
morimori様

アフリカは僕はコンゴしか知らないのですが、ホテルから出たいとも思わぬ環境でありました。南アフリカは稀代の悪法アパルトヘイトによって白人が多く流入し、雰囲気としてはオーストラリアに似ていると聞いたことがありますが、女性5人に2人がレイプ経験ありだとか、男すら襲われるだとか、北部アフリカとは気質が違うとはいえ世紀末的な話ばかりを聞きます。最低限度の学問なくして理性の発展はないらしいというのは日本の田舎を見ても自明で、僕はそういうわけで暗黒大陸の無法ぶりに翻って田舎住まいを憂うわけです。日本代表に関してはつまらない利権の問題が大分面倒になっているらしく、それが弱さに一層の拍車をかけている節があって、見る側にしてみればそういうものが透けている時点で胡散臭さ満点、純粋なファンをないがしろにしてどう利益を確保したいのかよくわかりません。

そういえば後藤組の組長が憚りながらという自伝を出して、これに池田大作との関係など暴露されていました。たいした核心には触れていませんが、伊丹十三の襲撃を正当化したりと言いたい放題で、このまま後藤組長がコラムニスト的な動きを続けていたら早晩にも殺されてしまうだろうと思います。もちろん怪しい事件については大して語っていないけれども、あの軽口は弘道会を中心とする現山口組にあっては邪魔ですし、そういうものを排除するのが暴力団ですから、ちょっと気になります。
  • 本人
  • 2010/05/27 10:41 AM
憚りながらは読みました。まぁずるいですよね。書き方が。正当化正当化で。でも格好良いのですから仕方ないです。情婦嘉門洋子とかマイコ(でしたっけ?)とかについても書いてくれよって感じでしたけど。得度してはいますが何だそれ。また和尚が気持ち悪い。組長の名前と野村秋介の名前を彫ったりしてバカじゃないかと。でも僕は面白く読みましたけどね。おととい学会員である友人から早くも参院選のお願い電話があったのですが、憚りながらで触れられていたことをあたってみると、激怒して話になりませんでした。彼ら学会員は竹入や矢野を蛇蝎のごとく嫌っているところで会話にならないですね。極道もどうかと思いますが学会もおもしろいもんです。
  • morimori
  • 2010/05/31 9:25 AM
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM