<< 君ちょっと、布団の隙間を埋めるのを手伝ってくれないか。 | main | 返歌 >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


古着からくり

「イヤー、若槻が扱ってる商品、あんまり良いものじゃないよ。ネームバリューだからしょうがないんだけどさ」


 そんなことをぼやくのは、とある古着屋の店長。若槻の古着経営が順調であるという昨今を鑑み、彼女への嫉妬もさることながら、看板一つでこうもたやすく煽動される大衆に不満を抱いているようだった。正直な意見である。


 とはいえ、ネームバリューは価値である。古着屋店主もそれを重々承知であるからこそ、参っている。『お前がそれをやったら、おれが負けるに決まっているじゃないか』のパターン。これは至る所に散見される事態で、オダギリジョーが聴いてしまうキャプテンビーフハート、峰なゆかが愛読してしまう三島由紀夫、千秋が作る子供服、言わずもがな、椎名林檎。多才な人間が物事の表層の殻を突き破って奥深くへと手を突っ込むたび、僅かばかりの自尊心を糧に細々と生きていた人々がアイデンティティを奪い取られる。不毛の人々の『勝てないけど、アイツとは土俵が違うから』などといった屁理屈みたいな理論の本質は『俺のほうが部分的には幸せだ、何故なら俺のほうが音楽のなんたるかを理解しているからな』の如き詭弁である。そこをかつてバカにしていた芸能人に、自分と同様もしくはそれ以上の才覚でもって実行されてしまったら、これは死ぬしかないのである。全面的に劣った己の人生に、今さら気がついてしまうのである。高嶋政宏が熱烈なキングクリムゾン信者であるという事実に限って誰も傷つかないのは、彼が俳優として大成功はおさめていないという、こちら側の勝手な思い込みに過ぎない。彼とて、あちら側の人である。多分。


 と、筆が逸れた。別に人間の抱えるルサンチマンについて書きたいのではない。店長の話の中で特に興味深かったのは、古着の流通経路である。てっきりアメリカあたりから買っているものとばかり思っていたが、最近はタイをはじめとする東南アジアへ買いつけに行くのが好尚であるらしい。ああいった貧国には救援物資という名目でアメリカからコンテナ単位で古着が届くらしく、そこから商品になるものをバイヤーが選り抜くのだという。あちらとしても、タイ国内で売りさばくよりは日本業者向けに販売すれば遥かに高値で売れるし、古着屋のバイヤーとしても旅費も仕入れ費用も格段に抑えられるのだから、相互利益の大アジア主義に優しい、実に有効なルートであると思った。


「ぼろ儲けなんでしょう」


 にこにこしながら褒め言葉。ところが、古着屋はこう言うのである。


「ところが最近はまずい。まず、国内での値崩れがあって昔みたいな相場はとてもつけられない。それに、仕入れ段階であちらも値段を釣り上げてきた。加えて海外との競合もある。とにかくユーロが強いよ」


 古着という一大ファッションジャンル発祥の地は日本である。九十年代半ばにかけては大古着時代とでも呼ぶべき時代があって、例えばリーバイスのジーンズ一つとっても壮絶で、赤耳、66前期、後期、XX、ペンキステッチの第二次世界大戦モデル等等、時代考証に基づくランク分けも盛んに行われ、古ければそれだけ価値があった。一本三十万とかいうジーンズも出てきたり兎に角盛り上がった時期だが、ファッションリーダーはよりによって浜田という珍事態であったのだから、それがお祭り的な狂騒であったこと、想像するに難くない。


 そしてその後、古着への価値の付与は欧米、アジアへも広がりを見せたのだ、古着屋の店長は、そんな話をしてくれた。最も裏をとっていない情報なのでどこまで本当か分からないが、8割方正しいのではないだろうか。そういえば、ロンドンのカムデンタウンには古着がギッシリで、古着は外国でも流行っているのか、そんな思いを抱いたし、そこには日本人の店員もいたのである。


 現在では救援物資を送り込んでいる当のアメリカ人業者がはるばるタイへとやってきては、そこで仕入れを行っているのだというから手際の悪さに閉口する。その他、リーバイスは高値で日本人業者が買い占めてしまうから、香港などではラングラーやリーが流行しているなどといった話も聞いた。ジーンズには、リーバイス、ラングラー、リーというヒエラルキーが仕入れ値的にあるらしい。こうした内情を聞くにつけ、流行もまたその国の経済によって規定されるのだという思いを抱かずにはいられない。日本のブランド過剰も、バブル酔狂の80年代あればこそである。金なきゃ誰も買えないわけですから。


「丸太も全く同じような状況ですよ」


 かつて丸太を海外より仕入れる業種に携わっていたおれとしてはこの、古着の盛衰に共感するところ非常に多く、流行の移ろい、ユーロの強さ、いちいちを痛感したのである。そこで、思いつくより早くそんな言葉が口からこぼれた。すると古着の旦那は、

  
「いや、丸太は知らないけどさ」


 と、淡白この上なく、共通項一切なしといった風でがぶりとビールを呑むのであった。お会計お願いします。


 領収書を切ってバーを抜けると酒場の喧噪はどこへやら、お店帰りの風俗嬢のヒールがコツコツと地面を叩く音ばかりが響いていたが、雨が強くなるとそれも聞こえなくなった。

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 01:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
高校生の頃は66モデル購入を夢見てましたが収入を得る前に冷めました。

アメリカ直輸入と言いつつフリマに仕入れに行ったり、廃品回収業者に根回しする古着店も結構多いみたいですね。高円寺も昔は古着屋だらけだったイメージがあります。

しかし若槻の件は、自身で服を作る訳でもなく、フリマで数百円程度で買い付け、ヤフオクで若槻のネームバリューで一点物商品として販売する手法は、リスクも少なく利益も大きい非常に賢いやり方だなあと感心しました。若槻のネームバリューが何時まで持つかわかりませんが
  • マート
  • 2008/04/20 2:57 AM
マートさん>そうですね、芸能人である以上彼らには賞味期限がありますから、そこらは微妙ですね。僕も中学から高校にかけて古着を好んでいた身で、その後冷めたのですが、今は金がないので品のないシャツなどを買うよりほか、服が増えません。ギギギ、貧乏が憎い。
  • 本人
  • 2008/04/21 11:24 PM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM