<< 木目の回 | main | 痴女引越センター >>

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


女の友情断面図 <偏見>

 昨日みなみと新宿へ行ってきたの。あたしとみなみは大学からの付き合いで、お互い社会人になってからでも、こんな感じでたまに会ったりしているの。でもね、もう限界。何が限界ってよくわかんないけど、みなみといるといらいらしてくるんだなあ。本っ当疲れる。実際昨日は疲れたし。


 昨日。西口に5時って約束だったんだけど、あたし井伏先輩と谷崎先輩と夢の中で3Pしてたら1時間も遅刻しちゃったんだ。でね、5時半くらいにメールしたの。わりい!って。そしたら、みなみ何て言ったと思う?


 「はあい、ぜんぜんきにしてないょ☆」


 だって!ありえなくない?気にしないはずなくない?絶対怒るじゃん普通!いっつもみなみはそうなの。全然感情を表に出さないの。お利口ぶってんの。あーむかつく。


 しかも、みなみの化粧とか本当ありえないの。あの子、本当エビちゃんの真似ばっかり。服装も化粧も、誰が見てもエビちゃんで、二人で歩いていても、


 「あれエビちゃんじゃね?」


 とか言って、振り向いている男とかいるくらい本当そっくりなの。あの子には個性ってものがないのかしら。ぜんたい腹立たしいわ。


 でね、昨日ね、会ってすぐにご飯食べようってことになったの。てかあたしが食べたいって言ったの。でも、あたしだけお腹空いていたら申し訳ないと思ってね、みなみに聞いたの。何食べたい?って。そしたら


 「えー、なんでもいいよ、みゆきに合わせるよ」


 とか言いながら、パスタ屋の看板見て、へー、こんなところにパスタ屋さんできたんだあ、みたいなことぼやいたりして、一体なんなの?パスタ食べたいって言えばよくない?別にあたしパスタ嫌いじゃないよ?なんでそんなに自分を隠すの?そんなにあたしに嫌われたくないの?むしろむかつくんだけど。意味わかんない。


 もうね、あたしは腹が立って、もんじゃ焼きを食べることにしたの。対極を選んでやったわ。それでね、はげとかでぶの男がたむろする場末の店に入って、牛スジねぎもんじゃを頼んだの。そしたらみなみ、


 「もちチーズめんたいもんじゃください」


 だって!まだパスタ引きずってんの!うぜえ!本当、あてつけかと思った。正直引いたわ。


 それでね、その後二人でもんじゃ焼いて食べていたんだけど、みなみがあたしに提案してくるの。


 「ねえこれ美味しいよ!食べる?」


 はいはいぶりっこぶりっこ。別にあたしに媚びなくてもいいじゃん。てかね、牛スジねぎの組み合わせに勝てるものはないの。でもあたしも大人だから、


 「あたしの牛スジねぎも、まじうまいからみなみも食べてみなよ!」


 って、交換しあって食べたんだけど、もちチーズめんたい?あたしの牛スジねぎよかよっぽど美味しいの。明らかにあたしのほうがまずいものを選んでいるの。ありったけ悔しいわ。なのに、


 「みゆきのも美味しい☆」


 みなみって、本当白々しい。だから、あたし言ってやった。


 「まじで?どっちが美味しい?」


 みなみはちょっと困った顔をして、


 「うーん、みゆきの頼んだもんじゃのほうが美味しいよ!」


 こうきたものだから、

 
 「じゃあさ、かえてあげるよ!あたしがそっちのパスタみたいなもんじゃ食べるからみなみこっち食べなよ!」


 「ほ、本当、ありがとう」


 もうね、断れないことなんて分かってるの。あたしと仲良し続けるためにご機嫌とろうとして、やんごとなき態度に終止して、楽しいのかな、みなみは。それでもお酒も入って気分も良くて、あたし達、随分話が弾んだわ。なんだ、やっぱこの子いい子なのかな、なんて、思ったのもつかの間、


 「ちょっとトイレ行ってくるね」


 ですってよ。あたしの話の腰を折って勝手にトイレとか行って、本当ありえない。しかもみなみの携帯ぶるぶる鳴ってるし。あの子彼氏いるとか聞いたことないけど、きっと親からの電話でもきてるんでしょ、そう思ってなんとなく覗いたの。そしたら


 「谷崎君」


 とか、画面表示されてて、なんで谷崎先輩の番号をみなみが知ってるわけ?あたしも知らないのに!なんだか気になって、携帯勝手に見てみたの。メールぱらぱら、見てみたの。


 「谷崎君>みなみ、今日は誰と遊びに行ってるの?男じゃないの?」


 「みなみ>違うよ、みゆきと遊ぶんだよ」


 「谷崎君>そっか、じゃあ終わったら連絡してね」


 「みなみ>はあい☆」


 「井伏君>お前今日何してんの」


 「みなみ>ごめんなさい、今日はお友達と用事があるの」


 「井伏君>とかいって、谷崎だろ」


 「みなみ>違うよー!」


 「井伏君>まあいいや、またメルする」


 「みなみ>はあい☆」

 
 そういう塩梅なのね。あたしに対してあすこまで謙虚にいられたのは、あたしが手に入れたいもの全て、みなみが掴んでいるからなのね。しかもメール覗いてびっくり、なんだか分からないくらい沢山の男に、ねんごろにされているじゃない。あたしが想像で補っている部分を、あなた実際なのじゃない。3P実際なのじゃない。それだけ備蓄があれば、たいそうなこってす。


 「ごめんね、お待たせ」


 「ういうい」


 「…どうしたの?」


 「あたしたち、友達だよね」


 「どうしたの?当たり前じゃん!みゆきは一番の仲良しだよ!」


 「だよねー」


 みなみは用事があるからとか言って、消えたわ。どうせ井伏だか谷崎だか三島だかと会ったのでしょう。あたしはね、帰り道、やるせなくなって駅内の階段に大股広げて座り込んだわ。それでね、スカートの中覗き込んだ男達、片っ端から糾弾したわ。


 「ちょっと、何見てんのよ」


 A「んだとぶす」


 B「あいつ美川憲一みたいなこと言ってたな」


 C「お前あいつやるか」


 D「ねえな、ねえよ、ありえねえ美川はねえ」



 男は群れると強いのね。誰かあたしを包んでくれる強い男は、いないのかしら。


 「ちょっとちょっとお嬢さん」


 「は、はい!」


 「ぱ、ぱんつ丸見えですよきゃっ」


 変質者 さりとて竿は 立ちにけり


 あたしは、もうちょっと違うことを言おうとしていたはずなのに。

スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
女流だ
  • 笹西さんはホムステイ
  • 2007/03/21 12:25 AM
笹西さんはホムステイさん>

女性は、普段とても仲良さそうにしているにもかかわらず、片割れと話をしてみるや、あの子はこうこうこうでこういうところが疲れる、などといった話を、これまでとても沢山聞かされてきました。なのでこういうことなのです。

  • 本人
  • 2007/03/21 12:04 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM