スポンサーサイト

  • 2015.10.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


近所のおじさん

 私の家のすぐ近くに住むおじさんは警視総監ですから、口のききかたの酷いったらありゃしない。人を人と思わぬ威張りで誰彼かまわず蔑んで、それが当たり前のような顔をしています。たしかに立派な地位だけれども、今日も泣き泣き私にすがるお母さんを見ていると、弱い者いじめをするための警視総監ですかと、他人ながらに云ってやりたい気持になります。


 このおじさんは警視総監ですからスケベもきわまっていて、女性を見つけたら即座に職質を始めます。嫌だとこちらが思っても、拒否などしようものなら公務執行妨害とかいう容疑で逆に私達が罪人(つみびと)になってしまうのだから法律って不思議。そういうわけですから私達女はおじさんの卑猥な言葉から逃れる術を知りません。


「お前処女か」


 これはおじさんの口癖ですが、そうふってくる時のおじさんの顔のいやらしさときたら格別で、距離の近いだけに内蔵の悪いらしい腐った口臭も直に当たって不快五割増、思い出しても気分が悪くなります。質問に対して『そうだ』と云えば俺にくれろと迫り、『違う』と云えばセックス大好きなのかそれならさせてくれろと迫ってくるのだから悪辣で、声をかけられた時点でもう詰みも同然、やりきれません。


 更に気味の悪いことには、私達女が答えに窮してもじもじしていると、何を思ったかこのおじさんは、それを羞恥に悶える姿と勘違いするようで、女心の一つも理解していない無粋に私はただただ閉口するのですが、悔しいのはどんな対応をとったところで結局このおじさんを性的に悦ばすことになってしまうことで、お母さんはそのため今日も泣いているのでした。もちろん本当に犯すのような行為には至りませんが、お母さんのように狭い世間でおとなしく暮らしているような人からすれば、おじさんの言葉は鋭く心を刺すに違いありません。五十路を迎えて娘も大きい女性に対して処女かなどと聞く行為、悪意の塊だと思いませんか?

 
 かくいう私もちょっと前におじさんと遭遇してきたばかりで、今日のおじさんは酒を飲んできたらしく赤面に千鳥足のありさまでした。夜ともなれば白い月の浮かぶほかは暗闇ばかりが視界を覆う私の町ですから、時刻の深さからしておおかた●●で一杯やってきたのだろうとピンとくるものあったのですが、まさに図星で、私を見つけるや、●●での様子をぺらぺらと話し始めました。とはいえ酒の量だけ支離滅裂で、しらふの私には少しの面白みもない内容ばかりでした。が、一つだけ奇妙な話があって、それだけは何かしら私の興味を惹くところがありました。


「女を見るたび処女かと聞くことはあんたも知っているだろうが、ついこの前か、まだ年端もゆかぬ七、八歳の少女に聞いたことがあったんだ。といってもそんな小娘には興味なんかない。母親がたいした美人だったから、そっちの困った顔が見たかったんだな。そうしたらなんと娘は『いいえ』と云うわけだ。俺ァ驚いたね。カーッ、もう処女じゃねぇってか。ツルツルのマ●コ穿って大丈夫なのかね。男にしたってそうだ、チン毛も生えねぇ小僧のくせにザーメン出るのかね」


 おじさんはスケベのくせして性の早熟には感心しないようで、言葉の端々から『近頃の若いモンは』のニュアンスがとれました。ただ、私が興味を抱いたのはそんなどうでもいいおじさんの見解ではなく、そこに続いた言葉で、


「まあ、小娘が処女じゃないってことには面食らったが、一番驚いたのはアレだな。ずっと昔、とはいえもう警視総監だったことは確かなんだが、生まれたての赤ん坊に処女かって訊ねたことがあった。俺の愛人の産んだ子供で、場所は病院、膣から出たてのホヤホヤだった。この世に産まれてはじめに浴びた言葉が、よりによって親父の処女か発言なんだから笑えるし人類未曾有に違いないんだが、恐ろしいことにはその赤ん坊、俺の言葉を聞くなり何て云ったと思う?」


「ちがう」


 と、そう云ったというのです。嘘かまことか、おじさんの真心の所在など私には見当もつきませんから、信じる信じないはみなさんの勝手でしょうし、おおかた酒が広げた妄想に過ぎないのでしょう。それでも私は、おじさんの話を聞いてからというもの、パソコンに向き合えば後ろに誰かがいるような気がしてならないし、夜中のトイレにしたって開ける前の扉の向こうに何者かの存在を感じてしまいます。トイレの中の存在については、扉を開ける前、電気をつけた瞬間に一旦は姿を隠すものの、用を足して扉を閉める頃には再び現れるに違いない、そんな確信みたいなものすらあります。おじさんの話を聞いてからというもの、人智を超えた目に見えない恐怖をひどく意識するようになってしまいました…。


 私は、おじさんはもしかしたら今頃には死んでいるかもしれないとすら思うのです。いつか赤ん坊だった子供もやがては大人になるのだし、産まれた先から恨み節を抱いていた以上は、そろそろ具体的な復讐に及んでもおかしくないのではないか、そんな風に思えて仕方がないのです。今日に限って私にそんな話をしてきたのも、或いは偶然ではないのかもしれません。折しも今宵は満月、静かすぎる町の雰囲気がかえって気味悪い。愛おしくもない人なのに、胸騒ぎがとまらないのはどうしてでしょう。


 お母さんは、さっきからずっと私の隣でおじさんから受ける言葉の暴力について涙ながらに語っています。でも、今日にかぎっては私はお母さんよりもおじさんが心配なのです。さんざんろくでもない悪態を私達女についてきたおじさんの安否を気遣うなどというのは母をひいてはすべての女性を敵に回すようなことかもしれません。でも、私にしたって普段ならいっそのこと死んでほしいくらいのことは考えているのです。この心変わりがなんであるのか、分かる人がいるのならむしろ私に教えてほしい。


 お前処女か、思えば私にそんなことを聞いてくれる男性は、おじさんをおいて他に一人もいなかったのです…。

女の友情断面図 <偏見>

 昨日みなみと新宿へ行ってきたの。あたしとみなみは大学からの付き合いで、お互い社会人になってからでも、こんな感じでたまに会ったりしているの。でもね、もう限界。何が限界ってよくわかんないけど、みなみといるといらいらしてくるんだなあ。本っ当疲れる。実際昨日は疲れたし。


 昨日。西口に5時って約束だったんだけど、あたし井伏先輩と谷崎先輩と夢の中で3Pしてたら1時間も遅刻しちゃったんだ。でね、5時半くらいにメールしたの。わりい!って。そしたら、みなみ何て言ったと思う?


 「はあい、ぜんぜんきにしてないょ☆」


 だって!ありえなくない?気にしないはずなくない?絶対怒るじゃん普通!いっつもみなみはそうなの。全然感情を表に出さないの。お利口ぶってんの。あーむかつく。


 しかも、みなみの化粧とか本当ありえないの。あの子、本当エビちゃんの真似ばっかり。服装も化粧も、誰が見てもエビちゃんで、二人で歩いていても、


 「あれエビちゃんじゃね?」


 とか言って、振り向いている男とかいるくらい本当そっくりなの。あの子には個性ってものがないのかしら。ぜんたい腹立たしいわ。


 でね、昨日ね、会ってすぐにご飯食べようってことになったの。てかあたしが食べたいって言ったの。でも、あたしだけお腹空いていたら申し訳ないと思ってね、みなみに聞いたの。何食べたい?って。そしたら


 「えー、なんでもいいよ、みゆきに合わせるよ」


 とか言いながら、パスタ屋の看板見て、へー、こんなところにパスタ屋さんできたんだあ、みたいなことぼやいたりして、一体なんなの?パスタ食べたいって言えばよくない?別にあたしパスタ嫌いじゃないよ?なんでそんなに自分を隠すの?そんなにあたしに嫌われたくないの?むしろむかつくんだけど。意味わかんない。


 もうね、あたしは腹が立って、もんじゃ焼きを食べることにしたの。対極を選んでやったわ。それでね、はげとかでぶの男がたむろする場末の店に入って、牛スジねぎもんじゃを頼んだの。そしたらみなみ、


 「もちチーズめんたいもんじゃください」


 だって!まだパスタ引きずってんの!うぜえ!本当、あてつけかと思った。正直引いたわ。


 それでね、その後二人でもんじゃ焼いて食べていたんだけど、みなみがあたしに提案してくるの。


 「ねえこれ美味しいよ!食べる?」


 はいはいぶりっこぶりっこ。別にあたしに媚びなくてもいいじゃん。てかね、牛スジねぎの組み合わせに勝てるものはないの。でもあたしも大人だから、


 「あたしの牛スジねぎも、まじうまいからみなみも食べてみなよ!」


 って、交換しあって食べたんだけど、もちチーズめんたい?あたしの牛スジねぎよかよっぽど美味しいの。明らかにあたしのほうがまずいものを選んでいるの。ありったけ悔しいわ。なのに、


 「みゆきのも美味しい☆」


 みなみって、本当白々しい。だから、あたし言ってやった。


 「まじで?どっちが美味しい?」


 みなみはちょっと困った顔をして、


 「うーん、みゆきの頼んだもんじゃのほうが美味しいよ!」


 こうきたものだから、

 
 「じゃあさ、かえてあげるよ!あたしがそっちのパスタみたいなもんじゃ食べるからみなみこっち食べなよ!」


 「ほ、本当、ありがとう」


 もうね、断れないことなんて分かってるの。あたしと仲良し続けるためにご機嫌とろうとして、やんごとなき態度に終止して、楽しいのかな、みなみは。それでもお酒も入って気分も良くて、あたし達、随分話が弾んだわ。なんだ、やっぱこの子いい子なのかな、なんて、思ったのもつかの間、


 「ちょっとトイレ行ってくるね」


 ですってよ。あたしの話の腰を折って勝手にトイレとか行って、本当ありえない。しかもみなみの携帯ぶるぶる鳴ってるし。あの子彼氏いるとか聞いたことないけど、きっと親からの電話でもきてるんでしょ、そう思ってなんとなく覗いたの。そしたら


 「谷崎君」


 とか、画面表示されてて、なんで谷崎先輩の番号をみなみが知ってるわけ?あたしも知らないのに!なんだか気になって、携帯勝手に見てみたの。メールぱらぱら、見てみたの。


 「谷崎君>みなみ、今日は誰と遊びに行ってるの?男じゃないの?」


 「みなみ>違うよ、みゆきと遊ぶんだよ」


 「谷崎君>そっか、じゃあ終わったら連絡してね」


 「みなみ>はあい☆」


 「井伏君>お前今日何してんの」


 「みなみ>ごめんなさい、今日はお友達と用事があるの」


 「井伏君>とかいって、谷崎だろ」


 「みなみ>違うよー!」


 「井伏君>まあいいや、またメルする」


 「みなみ>はあい☆」

 
 そういう塩梅なのね。あたしに対してあすこまで謙虚にいられたのは、あたしが手に入れたいもの全て、みなみが掴んでいるからなのね。しかもメール覗いてびっくり、なんだか分からないくらい沢山の男に、ねんごろにされているじゃない。あたしが想像で補っている部分を、あなた実際なのじゃない。3P実際なのじゃない。それだけ備蓄があれば、たいそうなこってす。


 「ごめんね、お待たせ」


 「ういうい」


 「…どうしたの?」


 「あたしたち、友達だよね」


 「どうしたの?当たり前じゃん!みゆきは一番の仲良しだよ!」


 「だよねー」


 みなみは用事があるからとか言って、消えたわ。どうせ井伏だか谷崎だか三島だかと会ったのでしょう。あたしはね、帰り道、やるせなくなって駅内の階段に大股広げて座り込んだわ。それでね、スカートの中覗き込んだ男達、片っ端から糾弾したわ。


 「ちょっと、何見てんのよ」


 A「んだとぶす」


 B「あいつ美川憲一みたいなこと言ってたな」


 C「お前あいつやるか」


 D「ねえな、ねえよ、ありえねえ美川はねえ」



 男は群れると強いのね。誰かあたしを包んでくれる強い男は、いないのかしら。


 「ちょっとちょっとお嬢さん」


 「は、はい!」


 「ぱ、ぱんつ丸見えですよきゃっ」


 変質者 さりとて竿は 立ちにけり


 あたしは、もうちょっと違うことを言おうとしていたはずなのに。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
nekokiの本棚
twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM